水彩・CG・ハイブリッドによるイラスト ― 色々な手法で建築のプレゼンテーションをお手伝いします。
  • 立地断面図手書きパース(水彩画)
  • 住宅配置図手書きパース(水彩画)
  • 寺院手書きパース(水彩画)
  • マンション手書きパース(水彩画)
  • 住宅手書きパース(水彩画)

手描きパースの良さ

初期のCGパースを見たのは、1990年代半ばの大型室内競技場のコンペだったと思います。事前のサンプルCGがイマイチのせいか、当時勤めていた手描きパース事務所に依頼がありました。下図を製図版とT定規で作成するのは本当に大変でした。

あれから20年、今や写真と見分けが付かないまでに進化したCGは、建築後どのような風景になるか、というシミュレーションとしては最適でしょう。しかし建築パースの利用法には、売込のための広告、コンペのような他社との競合、地域住民への説明など、色々な用途があります。

絵として認識される手描きパースは、企画者の伝えたいイメージを。強調して表現する事ができます。未確定な部分はあいまいなままで、見る人の想像力に訴えながら好印象を残すのが理想です。目的により手段を変えながら建築のプレゼンテーションを進めるならば、最近見ることの少なくなった手描きパースもぜひご検討下さい。

迷惑メールにご注意
弊所の名前を騙ったウィルス付きのメールが存在するようです。
メールアドレスが違います。受け取られた方はご注意下さい。平成29年9月6日

ご案内

手描きパース、CGパース、トレース(Illusirator使用)の制作をしています。
広告・コンペ等の使用目的・ご予算に応じます。

また、CADによる3Dモデルや決定アングルの2D画像を頂ける場合は、値引きいたします。

お気軽にお見積りをご相談下さい。


江藤建築デザイン事務所
〒194-0035東京都町田市忠生2-1-2-305
tel 042-810-4616  fax 042-810-4620

banner2018-2

アーカイブ

Copyright © 江藤建築デザイン事務所 All Rights Reserved.